ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月19日

下村文科相:国際リニアコライダーの誘致先送り

毎日新聞

 下村博文・文部科学相は19日、福岡市内で毎日新聞の単独インタビューに応じ、宇宙の謎に迫る超大型加速器「国際リニアコライダー」(ILC)の誘致について「来年度すぐに日本が手を挙げるという段階ではない」とし、判断を先送りする考えを示した。

ILCは、国際宇宙ステーションや国際熱核融合実験炉と並ぶ巨大プロジェクトとして構想されたが、建設費は8300億円以上と巨額で、各国は誘致に二の足を踏んでいる。

下村文科相は「事業規模が大きく、どの程度の成果があるのか、よくわからない部分がある。大いなる無駄 になるかもしれないし、新たな分野をつくる起爆剤になるかもしれないが、まだ全く見えない」と説明。「血税を使って無駄でしたというわけにはいかない。先 行投資として意味があるという見極めがもう少し必要だ」と語った。

ILCは、岩手・宮城両県の北上山地と佐賀・福岡両県の脊振(せふり)山地の地元自治体などがそれぞれ誘致活動を展開。国内の研究者組織は「建設コストや工期に優れる」として北上山地を選んだが、日本学術会議は「現時点での誘致は時期尚早」との見解を示している。