ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月18日

ILCアジア―九州推進会議、リニアコライダー候補地選定の説明求める

日刊工業新聞

ILCアジア―九州推進会議(福岡市中央区、有川節夫代表=九州大学総長、092・761・4261)は17 日、国際リニアコライダー(ILC)計画の国内候補地選定に関し、ILC立地評価会議に対して評価基準など全資料の公表と説明を求めると発表した。東北の北上山地を最適とするとした評価会議による科学的・学術的観点のデータ・資料の提出が不十分だとして、従来の説明では納得できないとした。
もう一つの候補地として名乗りを上げていた九州の脊振(せふり)地域については国の活断層調査が取り上げられた一方、北上地域は調査が行われておらず地 質調査にバランスを欠くと主張。都市基盤の整備状況の評価基準なども明確でないと訴えた。同日、福岡市内で有川代表と松尾新吾代表(九州経済連合会名誉会 長)が「緊急声明」として会見した。

記事の続きや他の記事は、有料電子版でご覧いただけます。