ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年09月12日

県、ILC予算2700万円 9月県議会に提案へ

岩手日報

超大型加速器・国際リニアコライダー(ILC)の誘致を推進する研究者グループが本県の北上山地(北上高地)を建設候補地に選んだことを受け、県 は、外国人研究者向けに候補地周辺の住環境などを紹介する動画を制作する方針を固めた。合わせて、小中学生向けにILCを解説する動画も制作。関連経費約 2700万円を27日開会の県議会9月定例会に提案する2013年度一般会計補正予算案に計上する。

外国人研究者向けの動画は、一関市や奥州市などの都市機能や公共施設の様子、建設候補地までの交通アクセスなどを英語で紹介。平泉など観光地の情報も盛り込む。

3~5分程度の動画を2、3種類作り、県のホームページ上や高エネルギー加速器研究機構(KEK、茨城県つくば市)など関係機関を通じてインターネットで公開する。

小中学生向けの動画は、ILCの研究内容や波及効果などについて分かりやすく解説し、授業などで活用。関心を高めてもらう。