ILC PROJECT [ 国際リニアコライダー計画 ]

最新情報

2013年07月04日

ILC誘致、署名17万人 推進議連に提出

佐賀新聞

素粒子物理学の次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を脊振山地に誘致しようと、佐賀、福岡両県の若手経営者らでつくる「九州へのILC誘致を実現する会」は3日、九州を中心に国内外から集めた17万人分の署名を超党派の国会議員連盟に提出した。

同会は、市民レベルで盛り上げていこうと今年3月、会社役員ら6人で結成。インターネットや街頭での署名活動を展開し、当初の目標の10万人を大きく上回る17万4423人分の署名を集めた。

この日は、九州経済連合会の麻生泰会長とともに、東京・永田町の自民党本部を訪ね、ILC建設推進議員連盟の会長を務める河村建夫議員に署名を手渡した。

署名活動は今月末まで続ける計画で、事務局長の岩木勇人さんは「研究施設の誘致で、これだけの署名が集まるのは異例だと思うし、熱い思いが込められている。アジアの発展を考える上でも意味が大きい」と話した。