「吹雪で結晶探す難しさ」=ヒッグス粒子でホイヤー所長-東京

2012年10月24日

時事ドットコム

万物に質量を与える「ヒッグス粒子」とみられる素粒子を発見したと7月に発表した欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)のロルフ・ホイヤー所長が24日、東京都内で開かれたシンポジウムで講演した。ホイヤー所長は「吹雪の中で、特別な雪の結晶を見つけるようなものだ」とヒッグス粒子探索の難しさを語った。

CERNでは日本の研究者も参加する国際グループが、地下にある1周約27キロの大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使ってヒッグス粒子などの実験を進めている。さらに、全長30キロ以上に及ぶ次世代の直線型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」が計画中で、日本では岩手県南部の北上山地と、福岡・佐賀両県の背振山地が候補に挙がっている。