発見 ヒッグス粒子(4) 間違えた日付(ルポ迫真)

2012年9月6日

日本経済新聞(会員限定記事)

「ノーベル委員会に親しい友達はいないので、受賞するかわからない」。欧州合同原子核研究機関(CERN)による新粒子発見の発表から2日後の7月6日。質量の起源とされるヒッグス粒子の名前の由来でもある英国エディンバラ大学名誉教授ピーター・ヒッグス(83)は、同大の記者会見で冗談交じりにこう語った。

ビール党のヒッグスだが、実験結果を一足先に知った7月3日夜、シャンパンでCERNの関係者らと祝杯をあげた…

日本経済新聞サイト